医学部一般入試の特徴とは?予備校の選びのポイント

他学部より難易度の高い試験に対応

医学部は文理で考えるなら理系に該当するので、予備校を選ぶときには理系に対応したところを選べばいいと考えている人がいます。しかし医学部の偏差値はどの大学も全国のトップクラスで、それぞれの学校内に複数の学部があるときにはその中のトップになっているケースが多いです。大学によっては理系は共通の入試問題にしておきながら医学部のみより難易度の高い問題にしているところがあり、通常の理系対策だけだと合格ができないときもあります。医学部合格を目指すための予備校としては、他の理系の学部よりも難易度の高い試験に対応したカリキュラムを用意しているところを選ぶ必要があります。テキストや問題集の過去問に医学部で出題された問題が使われているところにしましょう。

小論文や面接の対策があるか

大学に入学するには入試が必要になりますが、入試には一般入試の他に推薦入試などがあります。文系などの学部の推薦入試は筆記試験と面接を組み合わせて評価するケースが多く、一般入試は筆記試験のみで合否を判定します。医学部にも推薦と一般がありますが、医学部では一般入試においても筆記試験の他に面接や小論文を課すところがあるのでその対策をしなければいけません。医学部に合格するために予備校を選ぶのであれば、受験科目の指導だけでなく面接や小論文の対策をしてくれるところにしましょう。面接や小論文は筆記試験以上に各大学に違いがあり評価の配分も異なるときもあります。国公立向けや私立向けの面接や小論文対策があるところなら、より良い指導が受けられるでしょう。

医学部の予備校の寮のメリットは、勉強をしたい生徒にはとても良い環境です。個室の部屋、食事付き、管理してくれる寮母さんと保護者も安心して預けられる環境です。