私立大学の一般入試を受験!予備校の選び方

マンツーマン指導を取り入れている予備校を選ぶ

私立大学の医学部の中には、レベルが高い大学も多く少しでも自分の学力を高くするために努力しなければいけないです。特に難関大学の場合は、すべての教科で高得点を取る必要があるので予備校に通う場合、予備校選びがかなり入試に影響します。そこで、なるべくマンツーマン指導を取り入れている予備校を選ぶようにしましょう。集団授業が多い予備校の場合は、自分が先生の授業についていく事ができれば上手く学力を向上することができます。しかも、周りの生徒の存在がモチベーションを上げてくれます。 しかし、授業についていけなかった場合は自分の学力が向上できずに他の生徒に先を行かれてしまいますよね。しかし、マンツーマン授業だと先生が自分の学力にあった授業をしてくれて、しかも先生に質問しやすいです。集団型の授業で成果が表れない人は、マンツーマン指導の予備校を選ぶようにしましょう。

自分が目指す私立大学の合格率を見る

私立大学の医学部に合格するための予備校選びで重要なポイントは、自分が目指す大学の合格率を見る事です。もし、自分が目指す大学に合格した人が多い予備校だと、その大学の入試に合った授業を行っている可能性が高いです。つまり、自分もその予備校に通うことによって、大学入試の合格率を上げることが可能ですよね。逆に自分が目指す大学の合格率が低い場合は、その大学を目指すのに適さない予備校なので、他の予備校の調査をしていく事が必要でしょう。

ただ注意しておきたいのは、近年の合格状況を見る事です。もし5年前までは合格率が高かったけど、最近合格率が低下しているような場合だと今までの合格率が高かったとしてもあまり参考にならないです。ここ2、3年の合格率の状況を見るようにします。

医学部の予備校の合宿とは、医学部を目指す学生専門の大学予備校が、効率よく医学部受験に対する学力等を身につけさせるため、予備校生に寝食を共にさせることです。